院長コラム

2024.02.02

インフルエンザB・コロナ・花粉症

2月になりましたが、相変わらずインフルエンザとコロナの感染者は増加しているようです。
報道が少ないのでわかりにくいかもしれませんが、インフルエンザはBの感染者が多く、新型コロナウイルス感染者も抗原迅速検査にて陽性率が上がっています。抗原迅速キットでは、症状発現および熱発からある程度時間が経たないと陽性にならないのですが、インフルエンザで約1日、コロナではインフルエンザより若干出にくい印象です。ただ抗インフルエンザ薬は発症後48時間以内に服用する必要がありますので、受診のタイミングが難しいです。
コロナの場合はインフルエンザのような誰でも服用していただく薬はありませんので急ぎませんが、周囲の人へ感染させない間に、そしてご自分の症状が辛くなる前に受診いただくのが重要かと考えます。いずれもワクチンで感染の機会が減るということはありませんのでご注意ください。

2月になりましたので、スギ花粉の測定も始まります。
初期療法としての内服開始は今のところ2月15日としています。
内服だけでなく、点眼、点鼻も症状出現前でもすべて開始してください。症状がないからと言ってやめたくなるかもしれませんが、ひどい症状にならないためにはやめないことが重要ですので、くれぐれも中止しないでください。

2024.01.17

インフルエンザ流行とコロナ再流行の兆し

令和6年元旦から能登半島で地震が発生し、翌日には航空機事故が起こるという前代未聞の年明けとなりました。
もう年内に災害の起こらない平穏を祈りつつ、今年もよろしくお願いいたします。

1月は例年花粉症対策のレーザー治療の月です。毎年花粉症に悩まされている方は一度レーザー治療を考慮してみてください。
初期療法として投薬を希望される方は、今のところ2月中旬飛散開始との予想ですので、215日ごろから始めていただければ十分と考えています。
最近の感染症流行状況は、年末年始にかけてインフルエンザAが流行していましたが、インフルエンザBも徐々に増加傾向にあります。減少していた新型コロナウイルス感染症も再び増加傾向にあります。新型コロナウイルスはどんどん変異を繰り返し様々な株となって報告されています。つい先日まで、主系統はEG.5.1.1でしたが、今はHK.3になっており、次にJN.1が増加しており欧州、米国ではこのJN.1が主系統です。いずれにせよ今までのものの孫子ですので、やはり咽頭痛、咳、声がれ、発熱、全身倦怠感などインフルエンザと似た症状となっています。

当院では、鑑別確定診断には病歴及び局所の内視鏡所見と抗原迅速検査キットを使用しています。
流行拡大に十分ご注意ください。

2023.12.04

発熱、鼻汁、咽頭痛

何かとせわしい12月になりました。猛暑の後の秋は短く一気に冬本番になりました。

相変わらずインフルエンザの流行もおさまらず、コロナも検出され続けています。
ワクチン接種はお済みでしょうか?
できるだけ早期の接種が望ましいです。アデノウイルス感染症は収まりつつありますが、溶連菌感染症は続いています。いまだに種々の感染症が流行していますが、いずれのウイルス感染症でもなく、細菌感染による急性副鼻腔炎急性腺窩性扁桃炎も少なくありません。副鼻腔炎は左右片側だけのこともあれば両側のこともあります。膿性の鼻汁、鼻づまり、頭痛、顔面痛、発熱などの症状を伴います。適切な時期に抗菌薬を服用することで治まっていきます。
急性腺窩性扁桃炎は扁桃のくぼみである陰窩に白っぽい滲出物がついた扁桃炎のことです。たいてい38度前後の発熱と強い咽頭痛、嚥下時痛を伴います。リンパ節の腫れも見られます。こちらも抗菌薬の服用で軽快しますが、場合により点滴による治療が必要になることもあります。また片側だけが腫れて扁桃周囲膿瘍という扁桃の周囲に膿瘍を作った場合は切開をして排膿することが必要になることもありますので注意が必要です。

年末は12月29日(金)午前診まで、年始は1月9日(火)から通常通りの診療となります。

2023.11.09

インフルエンザ流行中

11月になりました。耳科学会による休診でご不便をおかけしました。
年内は12月29日の午前診まで暦通り診療を行いますのでよろしくお願いいたします。

枚方市ではインフルエンザによる学級閉鎖がまだ増えています。今年のインフルエンザはあまり特徴がなく臨床症状から診断することは難しくなっています。ほぼ熱発が主で、咳や咽頭痛、鼻汁などは個人差があり典型的な症状ではありません。一般的に熱が高ければ全身倦怠感や関節痛は強くなります。
学校や職場で周囲にインフルエンザの人がいる場合はさらにわかりにくく、微熱でも接触があった場合はインフルエンザ抗原迅速キットで陽性に出ることも多くなってきました。学校での出席停止期間は、症状発現日を0日目としてたとえ1日で解熱しても5日目までは自宅での待機が必要になります。学校に行けるのは6日目になりますのでご注意ください。
インフルエンザの流行拡大が思いのほか早く皆様のワクチン接種が進んでいないのではないかと懸念しています。
今年は体調を整えていただき早めのワクチン接種をお勧めいたします。まだアデノウイルス感染症もぽつぽつ出ていますので乳幼児の保護者の方は保育園などの感染状況にご注意ください。
こちらも抗原迅速キットにて鑑別診断を行っています。よろしくお願い致します。

2023.10.04

のどの不調

10月に入りやっと過ごしやすくなってきました。就寝時のエアコンも要らなくなり、猛暑の夏の疲れを早く取りたいものです。
今年の夏は「のどの痰の絡み」を訴えて受診される方が多く目立ちました。年齢は若い方から高齢者まで様々です。実際に診察してみますと喉には痰はなく、咽頭・喉頭に異常な所見を認めないことがほとんどです。もちろん副鼻腔炎から後鼻漏をきたしてそれが痰のもとになっていることもあります。この場合は副鼻腔炎の治療をすればいいわけです。後鼻漏もなく、下咽頭に唾液のようなものが付着しているだけの方が多く、おそらくエアコンによる乾燥から「痰が多くなり絡んだような感覚」に陥っていることが想像されました。
主な要因は部屋の乾燥と夏による水分不足です。就寝時のエアコンが必要なくなることでこのような症状はなくなることが予想されます。水分はまだまだ必要ですのでできるだけたくさん摂っていただく必要があります。ウィズコロナの時代はのどの不調を訴える方が多く、喉頭を観察することが必要になっています。
この場合は耳鼻科で内視鏡検査をする必要がありますので受診の程お願いいたします。
11月2日(木)から4日(土)まで日本耳科学会のため休診いたしますのでご注意ください。

1 2 3 4 5 6 20