医院名:森口耳鼻咽喉科 
住所:〒573-0064 大阪府枚方市北中振1-16-8 
TEL:072-835-7533

黄色い鼻水

透明ではなく黄色い鼻水が出る原因は?

透明ではなく黄色い鼻水が出る原因は?“鼻水”ときくと鼻の症状のうちの一つ、と考えられがちですが、もともとは空気中の塵、ウイルス、細菌から私たちの身体を守るために分泌されているものです。
しかし、通常は透明であるはずの鼻水が、黄色っぽいときには注意が必要です。鼻の粘膜がウイルスや細菌に感染し、炎症を起こしている可能性があります。特に粘り気が強い黄色い鼻水が出たときには、副鼻腔炎などの病気が原因になっていることもあるため、耳鼻咽喉科の受診をおすすめします。

黄色い鼻水が出る場合に考えられる疾患は?

急性上気道炎

ウイルス感染を原因として、鼻から喉にかけて(上気道)の粘膜で炎症が生じている状態です。
黄色っぽい鼻水の他、くしゃみ、喉の痛み、咳、発熱、頭痛などの症状を伴います。

急性副鼻腔炎

鼻腔の周囲の空洞、“副鼻腔”で急性の炎症が生じている状態です。風邪などをきっかけとして起こります。
粘り気の強い黄色い鼻水、鼻詰まり、咳、痰がからむなどの症状が見られます。また、炎症が悪化すると、目の周囲や奥、鼻が痛みだすこともあります。
早期の受診が必要です。

慢性副鼻腔炎

主に急性副鼻腔炎から続発して起こる副鼻腔の病気です。
粘り気の強い黄色い鼻水、鼻詰まり、咳、痰がからむなどの症状に加えて、鼻茸(鼻ポリープ)、頭が重い、嗅覚障害などを引き起こすことがあります。

一番上に戻る
一番上に戻る
電話で順番予約ネットで順番予約予約方法
072-835-7575
ネットで順番受付
予約方法について詳しくはこちら
メールでのお問い合わせ