レーザー治療

当クリニックのレーザー治療について

アレルギー性鼻炎、毎年の花粉症などでお困りではありませんか?

レーザー治療では、ハウスダストやダニなどによる通年性のアレルギー性鼻炎でお困りの方、またスギ花粉など毎年の花粉症でお困りの方に対して、レーザーで鼻の粘膜を焼くことで症状改善をはかります。じっと椅子に座っていられるのであれば、お子様でも治療は可能ですし、妊娠中の方にでも治療を受けて頂くことができます。

適応症例

  • ハウスダストやダニなどによる通年性のアレルギー性鼻炎でお困りの方
  • スギ花粉など毎年の花粉症でお困りの方
  • 花粉症の薬を飲んでも症状が改善されない方
  • 花粉症の薬が飲めない方。また、薬を飲むと体がだるくなったり眠くなったりする方

レーザー治療の流れ

問診・検査

問診、血液検査などを行い、患者様の症状を診断します。検査結果を待って1週間後に再度ご来院頂き、手術日をご予約頂きます。なお、すでに検査で通年性のアレルギー性鼻炎やスギ花粉症などであることがわかっている方につきましては、問診・検査後、すぐに手術日をご予約頂くことができます。

矢印
治療当日

手術当日、当クリニックまでご来院ください。手術前の注意点などは特にございません。

矢印
治療

麻酔液を浸したガーゼを15~20分程度鼻の中に入れ、粘膜を表面麻酔します。その後、炭酸ガスレーザーを使って5分程度、鼻の粘膜を奥まで焼きます。基本的には両方の鼻を同時に処置します。

矢印
治療後

治療1週間後、診察を行います。手術後、鼻の中に痂皮(かさぶた)が付きやすくなることがあるので、その清掃や処置が必要な場合には、1~2週間後に再度ご来院頂きます。

矢印
治療後の注意

治療後当日から、日常生活を送って頂くことができます。ただし、治療後は鼻の粘膜が腫れ、一時的に鼻づまりや鼻水が多くなることがあります。そのため、しばらくはそれらの症状を抑える薬を飲んで頂く場合があります。

花粉症のレーザー治療は年明けに行うのが効果的

通年性のアレルギー性鼻炎のレーザー治療は1年中いつでも受けられますが、スギ花粉症のレーザー治療・手術は、年明け(1月頃)に受けられることを推奨しております。年明けに治療を受けることで、鼻の粘膜が落ち着いた頃に花粉を迎え入れることになり、効果的に症状緩和をはかることができるようになります。患者様によって個人差はありますが、当クリニックでレーザー治療を受けられた方の多くが、高い効果を実感されています。

院長コラム中耳炎.com 森口耳鼻咽喉科森口耳鼻咽喉科 youtube