院長コラム

2016.02.20更新

2月も半ばを過ぎ、春までもう少しとなりました。
先月はインフルエンザの方がまだ少ないなどと書いてしまったからでしょうか。
2/1以降インフルエンザ患者の増加は爆発的です。インフルエンザ迅速キットで検査を行えば、驚くほどの確立で検出されます。
それだけ発熱患者が多いわけですが、今年はインフルエンザBとAが同時進行で流行しています。
割合は6:4くらいでややBの方が多いでしょうか。BにしてもAにしても症状は多彩で、発熱の仕方もすぐに高熱になる人から37℃台でずっと経過する人、1度解熱している人など様々です。
解熱している人はその割には全身倦怠感が強いようです。解熱していても迅速キットで陽性であることは珍しくありませんので、熱が1度下がったからといってインフルエンザを否定できるわけではありませんので注意が必要です。
例年は咳、鼻水といった感冒症状が典型的なのですが、今年は必ずしもそれらの症状がそろっていません。
咳のない熱だけのインフルエンザの人も受診されています。抗インフルエンザ薬を使用していても4~5日目に熱が上がる人がたまにいます。
この場合はさらに2日自宅で過してから、登校してください。初日から5日経過していてもまだ登校許可にはなりません。
感冒症状と関係なく熱が少しでも出るか、全身倦怠感が比較的強いかがあれば1度受診していただき検査を受けることをおすすめいたします。
 最後になりましたが、スギ花粉症の人はすぐに手持ちの薬を飲み始めましょう。もう飛散します。

投稿者: 森口耳鼻咽喉科

院長コラム中耳炎.com 森口耳鼻咽喉科森口耳鼻咽喉科 youtube